ステップカーサービス【有限会社ステップネットワーク/稲垣自動車整備工場】

壬生町、宇都宮市、栃木市、鹿沼市、車検整備、修理、鈑金塗装、新車・中古車販売、中古車オークション代行、自動車保険

TEL:0282-86-2425

321-0201 栃木県下都賀郡壬生町安塚2368-1

整備事例/一般整備

フェアレディZ トルコン太郎でATF交換など

平成27年式、8.7万km走行のフェアレディZ(Z34)。
トルコン太郎でATF交換です。
オイルパン脱着等は

フェアレディZ(Z34)
リフトアップ

圧送交換
クーラーラインにトルコン太郎を接続して圧送交換

廃油モニター
廃油モニター

新油モニター
新油モニター

クリーナーモニター
クリーナーモニター

ワコーズATFセーフティスペックを14リットル使用し、最初の廃油モニターの状態よりもかなり透明度が高くなりました。
この後の量調整は油温を下げて、規定の温度でオーバーフローさせることにより行うのですが、まだまだ暑いこの時期ですので、なかなか油温が下がりません。

スポットクーラー
スポットクーラーと扇風機で冷却

というわけで、スポットクーラーと扇風機により、強制的にATFを冷却します。
その間に、もう一つのご依頼いただいた作業を実施します。

デフオイル交換
デフオイル交換

ドレンプラグの鉄粉
ドレンプラグの鉄粉

ドレンプラグ清掃後
ドレンプラグ清掃後

そうこうしているうちにATFの温度も下がったので、油量調整を行います。

オーバーフローで油量調整
オーバーフローで油量調整

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。以上で作業完了です。

マーチ ブロアファン交換

平成25年式、14.5万km走行の日産マーチ(K13)。
エアコンの風が出ないとのことでご入庫です。

ブロアファンが回転しない原因には、ヒューズ、スイッチ、レジスター、ハーネス、ファンモーターなど、様々なものが考えられます。
今回は、ブロアファンモーター手前のカプラーで電圧を確認し、ブロアファンモーター不良と特定しました。

ということで、さっそくブロアファンモーターの交換を進めるわけですが、それほど簡単な作業ではありません。

ハンドル、メーター周り分解
ハンドル、メーター周りの分解

グローブボックス周りの分解
グローブボックス周りの分解

インストルメントパネル取り外し
インストルメントパネル取り外し

ブロアファン取り外し
ブロアファン取り外し

新旧ブロアファン
新旧ブロアファン

ブロアファン一つを交換するためにここまでの部品を取り外さなければならないのは、かなり作業効率が悪いです。

ブロアファン取り付け
新しいブロアファンの取り付け

作業完了
作業完了

しっかり風が出るようになったので、まだまだ厳しい残暑も快適に過ごしていただけそうです。

*********************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

プリウス サスペンション交換

平成21年式、23万km走行のプリウス(ZVW30)。
サスペンション一式交換のご依頼です。
交換部品は程度の良い中古品です。

プリウス

カウルトップグリルなど取り外し
カウルトップパネル取り外し状態

フロント側のストラットを外すには、上側で、ワイパーアーム、ウインドシールド、ワイパーモーター&リンク、カウルトップパネル等を取り外す必要があり、ちょっとだけ面倒です。

ストラット交換前
交換前ストラット

下側は、スタビライザーリンクロッドと、ABSセンサーのケーブルなどを切り離せば、あとはナックルアームとボルト2本でつながっているだけなので、比較的、簡単です。

ストラット新旧
ストラット新旧

ストラット交換後
ストラット交換後

デッキトリムサイドパネル取り外し状態
デッキトリムサイドパネル取り外し状態

フロントに比べるとリアは簡単です。
デッキトリムサイドパネルを外すと、ショックアブソーバーを固定する上側のナットが見えてきます。
上側はナット1個、下側はボルト1本で固定されているだけなので、コイルスプリングが伸びないように、ジャッキなどで下から支えながら外します。
ショックアブソーバーが外れたら、アクスルビームを下げればコイルスプリングも取り外すことができます。

リアサスペンション新旧
新旧リアサスペンション

リアサスペンション交換後
リアサスペンション交換後

*********************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

レジアスエース オルタネーター交換

平成24年式、26.9万km走行のレジアスエース(KDH201)。
エンジンルームから異音がするということで調べてみると、オルタネーターからの異音でした。
現状で発電状態は問題ないようでしたが、急に発電しなくなると路上でストップしてしまう恐れもあるので、走行距離から判断して、リビルト品と交換することとしました。

右フロントタイヤ取り外し
右フロントタイヤ取り外し

運転席シート取り外し
運転席シート取り外し

この車両のオルタネーターを交換するためには、まず、フロントタイヤと運転席シートを取り外す必要があり、先日のヴォクシーとは異なり、かなり面倒な作業となります。

エアコンコンプレッサー
クーラーコンプレッサー

さらに、オルタネーターの上側には、クーラーコンプレッサーやエアクリーナーホースその他があるので、それらを先に取り外す必要があります。

コンプレッサー取り外し
オルタネーター取り外し状態

上から下から作業をして、ようやくオルタネーターを取り外すことができました。

新旧オルタネーター
新旧オルタネーター

取り外しの逆の手順で取り付けて、作業完了です。

*********************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

ヴォクシー オルタネーター交換

平成20年式、20.7万km走行のヴォクシー(ZRR70)。
オルタネーターから異音がするとのことで、オルタネーターの交換依頼です。

ヴォクシーZRR70

オルタネータ取り外し状態
ベルト、オルタネーター取り外し

オルタネーター新旧
オルタネーター新旧

この車両のオルタネーターは、外しやすい場所にあるので、ベルトを外すだけで交換が可能です。
交換後は異音も解消し、快適にお乗りいただけるようになりました。

*********************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

ポルシェカイエン ATF交換

平成21年式、14.7万km走行のポルシェカイエン。
先日の911と同じオーナー様で、こちらもATF交換のご依頼です。

ポルシェカイエン

ATF抜き取り
ATF抜き取り

オイルパン取り外し状態
オイルパン取り外し状態

取り外したオイルパン
取り外したオイルパン

ストレーナー交換
ストレーナー交換

オイルパン清掃
オイルパン清掃

オイルパン組付け
オイルパン組付け

油温調整
油温調整

作業の流れは先日の911と全く同じで、最後はATFの油温調整をして、オーバーフローでATFの量を調整します。
使用したATFも911と同じ、ワコーズATFセーフティスペックです。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

ポルシェ911(996型)ATF交換

平成13年式、11.2万km走行のポルシェ911(996型)。
ATF交換のご依頼です。

ATF抜き取り
ATF抜き取り

オイルパン取り外し状態
オイルパン取り外し状態

取り外したオイルパン
取り外したオイルパン

オイルパンマグネット
オイルパンマグネット

ストレーナー取り外し状態
ストレーナー取り外し状態

新旧ストレーナー
新旧ストレーナー

新しいストレーナー取り付け
新しいストレーナー取り付け

オイルパン清掃後
オイルパン清掃後

ここまでの作業手順は、一般的な国産車と同じです。
しかしながら、この車両は、オイルレベルゲージがなく、クーラーラインにホースを接続することもできず、オイルパンに装着できるアタッチメントもないので、下抜き交換を3度ほど繰り返す方法での交換となります。
なので、今回、トルコン太郎は、単にATFを充填するだけの役割です。
ただし、

ワコーズATFセーフティスペック
ワコーズATF セーフティスペック

今回、使用したATFは、ワコーズATFセーフティスペックです。
純正ATFと比較すると、かなりコストパフォーマンスが高いと思われます。

ちなみに、この車両はATFのレベルゲージがなく、規定の油温でオーバーフローさせて量を調整するタイプのものなのですが、一般的な国産車と異なりフィラープラグも存在しないため、オーバーフローチューブからATFを注入する必要があります。
そのため、途中からはエンジンを稼働させながらの補充となり、さらに、油温の確認もしなければならないので、ちょっと慌ただしい作業となります。
というわけで、そのあたりの写真がありませんがお許しください。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

セレナ ラジエター交換

平成18年式、11.1万km走行のC25セレナ。
ラジエターからの冷却水漏れのため、ラジエターを社外新品に交換です。

C25セレナ

ラジエター取り外し状態
ラジエター取り外し状態

この車、作業エリアが狭いので、エアクリーナーボックスやコントロールユニットなどを外さなければならないのですが、それでもラジエターを外すのはけっこうたいへんです。

取り外したラジエター
取り外したラジエター

取り外したラジエターを見ると、アッパータンクのカシメ部から冷却水がにじみ出ていることがわかります。

新しいラジエター
新しいラジエター

取り付ける新しいラジエターは、純正品は高いので、社外品を使います。

ファンシュラウド
ファンシュラウド

ファンシュラウドやファンモーターは特に問題ないので、そのまま使います。

作業完了
作業完了

新しいラジエターを組付けて、冷却水の補充、エア抜きを行って、作業完了です。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

ノート エアコン不調修理

平成25年式、4.9万km走行の日産ノート(E12)。
エアコンがほとんど冷えないということでご入庫いただきました。

施工前の吹き出し口温度
施工前の吹き出し口温度

まず、吹き出し口の温度を測ってみたところ、約28℃を示していました。
これでは、この猛暑の中ちょっと耐えられませんね。

ガス回収
ガス回収

ゲージを接続して圧力を測ってみたところ、ガスはちゃんと入っているようでしたし、目視とガスの圧力変化でコンプレッサーが機能していることも確認できました。
ただし、ガスの量が適量かどうかの判断はできないので、まずは、一度ガスを全て回収した後、真空引きを行い、規定量のガスを入れなおすところから始めることとしました。
通常、ガスが規定量より減ることはあっても増えることはないのですが、ごくまれに、ガスを入れ過ぎていると思われるケースがあるので…

低圧パイプの結露
低圧パイプの結露

大量の除湿水
大量の除湿水

ガスを入れなおした後、エアコンを稼働すると、低圧パイプがキンキンに冷えて結露していますし、除湿された水が床に大量に流れ出ていることからも、エバボレーターは十分に冷えていることがわかります。
それでも吹き出し口から出てくる風は冷たくなりませんので、これは、エアミックスの制御系の問題と考えられます。

オンボード診断
オンボード診断

この頃の日産のオートエアコンにはオンボード自己診断機能がついているので、その機能を用いて点検してみました。
オンボード自己診断機能にはSTEP.1~6のモードがあり、表示の異常点検、センサーの異常点検、モードドア位置の点検、アクチュエーターの作動点検、センサー認識温度確認、温度センサー補正等が行えます。
今回は、表示やセンサーには異常がなかったのですが、最も疑わしいエアミックスドアの動きを確認すると、フルHOTからフルCOLDに変化させても、エアミックスドアが全く動かないことがわかりました。

エアミックスドア
エアミックスドア(アクチュエーター取り外し状態)

エアミックスドアアクチュエーター
エアミックスドアアクチュエーター

というわけで、エアミックスドアアクチュエーター不良と特定し、アクチュエーターを交換することにしました。

エアミックスドアアクチュエーター取り付け後
エアミックスドアアクチュエーター交換後

エアミックスドアアクチュエーター交換後、再度、オンボード自己診断機能によりエアミックスドアの動きを確認したところ、正常に作動していることが確認できました。

吹き出し口温度(修理後)
修理後の吹き出し口温度

修理後には吹き出し口の温度が12℃となりましたので、この夏も快適にお乗りいただけるかと思います。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

トヨタIQ トルコン太郎でCVTF交換

平成21年式、5.6万km走行のトヨタIQ。
トルコン太郎でCVTF交換のご依頼です。

トヨタIQ
トヨタIQ

今回は、オイルパン脱着・清掃は行わず、CVTFのみの交換です。
この車両は、クーラーラインのホースが外に出ておらず、また、レベルゲージも設けられていないため、すべてオイルパン下からの作業となります。

オーバーフローチューブ
オーバーフローチューブ

CVTF排出
古いCVTFの排出

まず、CVTのオイルパンから、ドレンプラグとオーバーフローチューブを取り外し、オイルパンに溜まっている古いCVTFを排出します。

アタッチメントを装着
アタッチメント装着

循環交換
CVTF循環式交換

古いCVTFが排出できたら、オイルパンにアタッチメントを装着し、トルコン太郎を接続してCVTF循環式交換です。

ワコーズCVTF セーフティスペック
ワコーズCVTFセーフティスペック

今回、使用したのは、ワコーズさんのCVTFです。

スポットクーラーで冷却
スポットクーラーと扇風機で冷却

循環交換を終えたら、オーバーフローチューブを装着し、規定量+αのCVTFを充填し、オーバーフローで量を調整するのですが、交換作業を行っているうちにCVTFの油温が上がってしまうため、オーバーフロー調整の規定の油温(35℃~40℃)まで温度を下げる必要があります。
ところが、この時期の気温では、放っておいたらいつまでたっても油温が下がらないので、スポットクーラーと扇風機で強制的にCVTFを冷まします。

油温調整
油温調整

オーバーフロー量調整
オーバーフローによる量調整

油温が十分に下がったら、エンジンを始動して、規定の油温でオーバーフローさせて量を調整します。
オーバーフロー後は、ドレンボルトに新しいパッキンを装着して、規定のトルクで締め付けて作業完了です。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。