ステップカーサービス【有限会社ステップネットワーク/稲垣自動車整備工場】

壬生町、宇都宮市、栃木市、鹿沼市、車検整備、修理、鈑金塗装、新車・中古車販売、中古車オークション代行、自動車保険

TEL:0282-86-2425

321-0201 栃木県下都賀郡壬生町安塚2368-1

クラッチOH

キャリートラック クラッチオーバーホール

平成13年式、5.9万km走行のスズキ キャリィトラック。
クラッチが滑り気味とのことで、クラッチオーバーホールです。

キャリィトラック

トランスミッション
トランスミッション

まずは、ミッションオイルを抜き、プロペラシャフトなどを外して、トランスミッションを降ろします。
4WDなので少し重いですが、しょせんは軽なので、ミッションジャッキなど使わず大人二人で抱えて降ろすことができます。

クラッチカバー
クラッチカバー

レリーズフォーク&ベアリング
レリーズフォーク&ベアリング

ミッションを下ろすと、クラッチカバーが見えてきます。
ミッションケース内はクラッチのダストでかなり汚れています。

クラッチカバー新旧
クラッチカバー新旧

クラッチディスク新旧
クラッチディスク新旧

レリーズベアリング組み付け
レリーズベアリング組み付け

かなり摩耗しているクラッチディスクのみでなく、クラッチカバー、レリーズベアリングを加えた3点セットで交換するのが、クラッチオーバーホールの基本です。

クラッチカバー組み付け
クラッチカバー組み付け

さらに、フライホイール側のパイロットベアリングも交換して、クラッチディスクのセンター出しをしながらクラッチカバーを組み付けます。。

トランスミッション組み付け
トランスミッション組み付け

トランスミッションを組み付け、プロペラシャフトなどを元通りに組み付け、ミッションオイルを注入したら作業完了です。
ミッションを組み付ける前に、ミッションリアのオイルシールも交換してあります。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

キャリィダンプ クラッチオーバーホール

平成17年式、9.8万km走行のキャリィダンプ。
畑で発進不能となり、引き上げてきました。
クラッチのオーバーホールです。

下回りスチーム洗車
下回りスチーム洗車

下回りの泥汚れがひどかったので、まずはスチーム洗車からです。
ダンプは荷台を上げることができるので、洗いやすくて良いですね。

リフトアップ
リフトアップ

ミッションジャッキセット
ミッションジャッキセット

2DWであれば一人で持てるくらいの重さなのですが、4WDだとトランスファーと一体なので重いです。
とはいえ大人2人もいれば持てなくはないのですが、万が一、落としたりしたら大変なので、ミッションジャッキをセットして安全に作業をします。

下ろしたミッション
下ろしたミッション

レリーズベアリング
レリーズベアリング

クラッチディスクとクラッチカバー
クラッチディスクとクラッチカバー

ミッションを下ろしてみると、レリーズベアリングが損傷しかかっており、クラッチディスクもほぼ限界まで摩耗していました。

新しいレリーズベアリング
新しいレリーズベアリングをセット

レリーズフォークとその周りをキレイに掃除して、新しいレリーズベアリングをセットします。

ミッション組付け
ミッション組付け

エンジン側に新しいクラッチディスクとクラッチカバーをセットし(写真、撮り忘れました…)、ミッションを組付けます。
最後に、プロペラシャフトを取り付けて作業完了です。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

フォレスター クラッチOH他

平成13年式、14万km走行のフォレスター(SF5)。
加速時にクラッチが滑るとのことで、クラッチオーバーホールその他のご依頼です。

車両全景

まずはミッションを下ろす作業です。

下ろしたミッション
下ろしたミッション

写真だけ見ると何だか簡単にミッションが下りたように思われそうですが、スバルのこの手の車両は、ミッションを下ろすのがけっこう大変なんです。
でも、作業途中の写真があまり撮れなくて、写真ではその大変さを全くお伝え出来なのが残念です…
また、一般的なクラッチでは、クラッチを切る際にレリーズフォークでレリーズベアリングを押し込むプッシュ式なのですが、この車両の場合、フォークでベアリングを引っ張るプル式となっています。
なので、写真をよく見ていただくと、レリーズフォークの軸が抜けてレリーズフォークが外れていることがわかると思うのですが、レリーズフォークを先に外してしまわないとミッションをエンジンから切り離すことができないという特殊な構造となっています。

クラッチカバーとレリーズベアリング
クラッチカバーとレリーズベアリング

そして、レリーズベアリングは、クラッチカバーの側にくっついたままです。
プル式なので、ベアリングが常にスプリングの先端と噛み合っている構造となります。

新しいレリーズベアリング
新しいレリーズベアリングの組付け

ミッションケース側をキレイに掃除して、レリーズフォーク、新しいレリーズベアリングを組付けます。

新しいクラッチディスクとクラッチカバー
新しいクラッチディスクとクラッチカバー

エンジン側には、新しいクラッチディスクとクラッチカバーを組付けます。
こうして、ミッションとエンジンを組付け、レリーズベアリングをクラッチカバーに押し付けると、クラッチカバーの中央にレリーズベアリングが噛み合ってロックされるという仕組みです。

お客様からタイトコーナーブレーキング現象も出ているとのお話を受けて、クラッチ交換のついでに、センターデフも交換することにしました。

トランスファーケース
トランスファーケース

トランスファードリブンギア
トランスファードリブンギア

センターデフ
センターデフ新旧

その他、スターターモーターや、破けていたドライブシャフトインナーブーツも交換しました。

スターターモータ
スターターモーター新旧

ドライブシャフトインナーブーツ
破れたドライブシャフトインナーブーツ

いろいろとリフレッシュされたので、快適なドライブを楽しんでいただけそうです。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

オッティ クラッチオーバーホール

日産オッティのクラッチオーバーホールのご依頼をいただきました。

リフトアップ

最近の乗用車では、MT車が極めて少なくなったので、クラッチオーバーホールの作業も実施する機会がめっきり減ってきました。

クラッチカバー
旧クラッチカバー

ミッションを下ろすとクラッチカバーが見えてきますが、ダイヤフラムスプリングの周りにクラッチディスクが摩耗して発生したガラス繊維が大量にこびりついています。

クラッチカバーとクラッチディスク
取り外したクラッチカバーとクラッチディスク

クラッチディスクはすっかり摩耗して、クラッチカバーの内側にも、ガラス繊維がこびりついています。

ミッションケース
ミッションケース側の汚れ

ミッションケース側にも、同様にガラス繊維が溜まっていました。

新しいクラッチカバー
新しいクラッチカバー

エンジン側に、新しいクラッチディスクとクラッチカバーを取り付け、ミッションケース側は、内部を清掃した後に新しいレリーズベアリングを取り付けました。

今回のケースでは、半クラッチを多用したために短期間に大量のダストが溜まったものと思われますが、クラッチディスクの素材にも問題があったのかもしれません。
いずれにしても、クラッチの減りは運転の仕方に大きく左右されますので、MT乗りの方はご注意ください。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

レガシー クラッチオーバーホール

クラッチを踏むと異音がするということで入庫した、走行距離14.2万km、平成15年式のレガシー(BP5)。
音を聞いてみると、明らかにクラッチの異常なので、ミッションを降ろしてクラッチを点検することにします。

レガシー レリーズベアリング
クラッチレリーズベアリング

ミッションを降ろしてみると、レリーズベアリングがバラバラになっています。

レガシー ダイヤフラムスプリング
クラッチカバー

クラッチカバーのダイヤフラムスプリングも傷だらけになっています。

この写真だけだと、簡単にミッションを降ろしたように見えますが、この車両はターボで4WDなので、ミッションを降ろすのにかなり苦労します。

レガシー エンジン下

レガシー 取り外した部品

上側は、インタークーラー、スターターモーター、レリーズシリンダーなどを外し、下側は、ドライブシャフト、マフラー、プロペラシャフトはもちろんのこと、エキゾーストマニホールドまで外して、ターボチャージャーを少し動かさないとミッションを降ろすことができません。
なかなかの難敵です。

レガシー レリーズベアリング
新しいレリーズベアリングを装着

レガシー クラッチカバー
新しいクラッチディスクとクラッチカバーを装着

ケース内をキレイに掃除して、新しいレリーズベアリングを装着し、エンジン側に新しいクラッチディスクとクラッチカバーを装着したら、再びミッションを組み付けます。

レガシー レリーズシリンダー
新しいレリーズシリンダー

ついでに、レリーズシリンダーも新しいものに交換しました。

作業完了後は、クラッチを踏んでも異音はせず、快適な走行が可能となりました。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。