ステップカーサービス【有限会社ステップネットワーク/稲垣自動車整備工場】

壬生町、宇都宮市、栃木市、鹿沼市、車検整備、修理、鈑金塗装、新車・中古車販売、中古車オークション代行、自動車保険

TEL:0282-86-2425

321-0201 栃木県下都賀郡壬生町安塚2368-1

一般整備

マーチ CVTコントロールバルブAssy交換

平成23年式、8.5万km走行の日産マーチ(K13)。
CVTの警告灯が点灯したため、車検とあわせて作業のご依頼をいただきました。

K13マーチ
       

エラーコード
エラーコード

P0846(油圧センサー不良)のエラーコードを拾いました。
このエラーが出た場合、以前はCVTアッセンブリー交換とされていたのですが、それではあまりにもお客様の負担が大きくなってしまいますので、現在は、コントロールバルブ(バルブボディ)Assyのみの部品供給がなされています。
ただし、メーカーの整備書にはCVTアッセンブリー交換の記載しかありませんので、コントロールバルブ交換要領をディーラー様から提供していただきました。

コントロールバルブ交換可否の判断
コントロールバルブ交換判断

この交換要領によれば、コントロールバルブのみで交換できる条件があって、所定のエラーコード以外のエラーコードが表示されていないことに加え、オイルパン上に破損した部品が見られないことが挙げられています。
つまり、コントロールバルブAssyが部品として供給されていても、条件によってはCVTアッセンブリー交換が必要になるということです。

オーバーフローチューブ
ドレンボルトとオーバーフローチューブ取り外し

取り外したオイルパン
取り外したオイルパン

オイルパンマグネット
オイルパンマグネット

さっそく、CVTFを抜いてオイルパンを外してみましたが、オイルパンの中やマグネット部分には、細かな鉄粉粒子以外の金属片などは見られませんでした。
というわけで、コントロールバルブAssy単体での交換を行うこととしました。

コントロールバルブとストレーナー
コントロールバルブとストレーナー

ストレーナー取り外し
ストレーナー取り外し状態

ユニットコネクタ取り外し
CVTユニットコネクタ取り外し

コントロールバルブを取り外すためには事前に上部のユニットコネクタを取り外す必要がありますが、スペースが狭く、締め付けが固いために、回転させて取り外すのにかなり苦労しました。

コントロールバルブ取り外し
コントロールバルブの取り外し

サブストレーナーやマニュアルプレートなどを取り外し、コントロールバルブ取り付けボルトを緩めていくと、大量のCVTFが流れ出してきます。

コントロールバルブ取り外し状態
コントロールバルブ取り外し状態

取り外したコントロールバルブ
取り外したコントロールバルブ

無事にコントロールバルブを取り外すことができました。
コントロールバルブやストレーナーの裏側は、鉄粉で黒く汚れています。
コントロールバルブを取り外すと、普段は見ることができないCVTベルトの一部をのぞき見ることができます。

新しいコントロールバルブ
新しいコントロールバルブ

新しいコントロールバルブの取り付け
新しいコントロールバルブの取り付け

新しいコントロールバルブを取り付け、マニュアルプレート&スプリング、サブストレーナーなどを組み付けます。
ここまで来れば、あとはいつものCVTF交換作業と同じです。

CVTFの充填
CVTFの充填

CVT油温調整
CVT油温度調整

新しいストレーナーを組み付け清掃したオイルパンを取り付けたら、抜き取った分プラスアルファのCVTFを充填し、油温を合わせてオーバーフローで量調整します。

CVTフルード劣化度データリセット
CVTフルード劣化度データリセット

クラッチ学習
クラッチ学習要領

最後に、キャリブレーションデータの消去、読み込み、学習値の消去、CVTフルード劣化度データ消去、クラッチ学習などを行って、作業完了となります。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

エブリィワゴン トルコン太郎でATF交換

平成23年式、15.8万km走行のスズキエブリィワゴン(DA64W)。
トルコン太郎でATF交換です。

エブリィワゴン

走行距離が16万km近く、過去の交換歴も不明とのことですので、オイルパン脱着・清掃、ストレーナーの交換も併せて行います。

オイルパン取り外し状態
オイルパン取り外し

取り外したオイルパン
取り外したオイルパン

オイルパンを取り外して見た状態は、ビックリするほど汚れているという感じでもなく、過去に何度か交換している可能性が高いです。

ストレーナー取り外し
ストレーナー取り外し

ストレーナー新旧
ストレーナー新旧

オイルパン清掃後
オイルパン清掃後

ストレーナーとOリングを新しいものに交換し、オイルパンを清掃して元通りに組み付けます。

バイパスホース接続
バイパスホース接続

圧送交換
圧送交換開始

最初に抜けた分のATFを補充し、ATFクーラーラインにバイパスホースを接続したら、トルコン太郎で圧送交換の開始です。

廃油モニター
廃油モニター

新油モニター
新油モニター

クリーナーモニター
クリーナーモニター

今回は10Lの交換で、新油と同じとまでは言えませんが、最初に抜き取ったATF(ビーカー)と比較するとかなり透明度が出てきました。
写真だと少しわかりにくいのが残念ですが…
最後に油温を上げて、レベルゲージにて量調整を行ったら作業完了です。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

プジョー207 接触事故による損傷修理

平成20年式プジョー207。
接触事故で、右フロントフェンダー、フロントバンパー、右ヘッドライトを損傷。

プジョー207
入庫時

フェンダーとバンパーの損傷
フェンダーとバンパーの損傷

ヘッドライトの損傷
ヘッドライトの損傷

損傷は大したことありませんが、相手側過失100%の保険修理なので、損傷部品は新品交換し、キッチリ修理します。

損傷部品の取り外し
損傷パーツの取り外し

フェンダーブラケットの損傷
フェンダーブラケットの損傷

まず、損傷部品を交換するために取り外します。
フェンダーブラケットにも損傷があることがわかりましたので、こちらも修理します。

フェンダー、バンパーにサフェーサー塗装
新品パーツにサフェーサー塗装

新品のフェンダーパネルとフロントバンパーフェイスにサフェーサーを塗装します。

バンパー塗装
フロントバンパー塗装

フェンダー塗装
右フロントフェンダー塗装

ドアとボンネットにボカシ塗装
ドア、ピラー、ボンネットにボカシ塗装

新品のフロントバンパーと右フロントフェンダーを塗装する際、同時に、隣接する右フロントドア、ピラー、ボンネットにもボカシ塗装を施します。
こうすることで、隣接するパネル間での色の違いが目立たなくなります。
もちろん、100%全く同じ色を調色できれば良いのですが、それは不可能ですし、同じ車でもパネルによって色が違ったりすることもあるので、キレイに仕上げるためにはこのようにボカシ塗装を行います。
今回は保険修理なのでできる限りキレイに仕上がる方法を採用しましたが、自費修理で費用をできるだけ抑えたいといった場合には、隣接するパネルにボカシ塗装を行わず、ブロック塗装で仕上げる場合もあります。

バンパーの付属部品
バンパーの付属部品

完成
完成

塗装が終わったら、バンパーにグリルやフォグランプなどの付属部品(損傷していない部品は再使用、損傷部品は新品交換)を取り付け、フェンダー、ヘッドライトなどと共にボディに組み付けて作業完了です。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

スカイラインハイブリッド トルコン太郎でATF交換

平成26年式、4.9万km走行のスカイラインハイブリッド(HV37)。
トルコン太郎でATF交換のご依頼です。

スカイラインHV

走行距離が5万km程度なので、今回はオイルパンの脱着・清掃などは行わず、ATFのみの交換です。

ワコーズATFセーフティスペック
ワコーズATFセーフティスペック

今回使用したのは、ワコーズATFセーフティスペックです。

廃油モニター
廃油モニター

新油モニター
新油モニター

クリーナーモニター
クリーナーモニター

最初の廃油モニターではかなり黒いフルードでしたが、11Lの圧送交換で新油と同程度の透明度となりました。

ATF冷却
ATF冷却

オーバーフロー調整
オーバーフローによる量調整

圧送交換で温まったATFを規定の温度以下に冷却した後、エンジンを始動して規定温度でオーバーフローさせて量を調整します。

作業完了
作業完了

アンダーカバー等を元通りに取り付けたら作業完了です。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

エスティマ クーラーコンプレッサー交換

平成12年式、46.6万km走行のトヨタエスティマ(ACR30W)。
冷房が効かないという不具合でのご入庫です。

エスティマ

ゲージマニホールドを接続して点検したところ、マグネットクラッチがつながっても全く圧力が上がらない状態でしたので、明らかにコンプレッサーの圧縮不良のようです。
レシーバドライヤーやエキスパンションバルブも同時交換が望ましいのですが、お客様と相談して、今回はコンプレッサーのみの交換となりました。

ファンシュラウド取り外し
ファンシュラウド取り外し

コンプレッサーを取り外す前に、冷媒ガスを回収します。
コンプレッサーはオルタネーターの下側にあって、車両下側からも取り外すスペースがないため、ラジエターファンシュラウドを外してスペースを確保します。
その際、ラジエターアッパーホースを外さなければならないので、冷却水も少し抜きます。

コンプレッサー取り外し状態
コンプレッサー取り外し

コンプレッサー新旧
コンプレッサー新旧

写真だとたいへんさが伝わりにくいですが、わりと苦労してコンプレッサーを取り外し、リビルトコンプレッサーと交換しました。

作業完了
作業完了

コンプレッサーを取り付け、ファンシュラウドも組み付けたら、抜けた分の冷却水を補充します。
さらに、冷媒系統の真空引きを行い、規定量の冷媒ガスを注入したら作業完了です。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

キャリートラック クラッチオーバーホール

平成13年式、5.9万km走行のスズキ キャリィトラック。
クラッチが滑り気味とのことで、クラッチオーバーホールです。

キャリィトラック

トランスミッション
トランスミッション

まずは、ミッションオイルを抜き、プロペラシャフトなどを外して、トランスミッションを降ろします。
4WDなので少し重いですが、しょせんは軽なので、ミッションジャッキなど使わず大人二人で抱えて降ろすことができます。

クラッチカバー
クラッチカバー

レリーズフォーク&ベアリング
レリーズフォーク&ベアリング

ミッションを下ろすと、クラッチカバーが見えてきます。
ミッションケース内はクラッチのダストでかなり汚れています。

クラッチカバー新旧
クラッチカバー新旧

クラッチディスク新旧
クラッチディスク新旧

レリーズベアリング組み付け
レリーズベアリング組み付け

かなり摩耗しているクラッチディスクのみでなく、クラッチカバー、レリーズベアリングを加えた3点セットで交換するのが、クラッチオーバーホールの基本です。

クラッチカバー組み付け
クラッチカバー組み付け

さらに、フライホイール側のパイロットベアリングも交換して、クラッチディスクのセンター出しをしながらクラッチカバーを組み付けます。。

トランスミッション組み付け
トランスミッション組み付け

トランスミッションを組み付け、プロペラシャフトなどを元通りに組み付け、ミッションオイルを注入したら作業完了です。
ミッションを組み付ける前に、ミッションリアのオイルシールも交換してあります。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

プログレ ブレーキブースターの異音

平成13年式、8.3万km走行のトヨタプログレ(JCG10)。

プログレ

お客様が数年前に中古で車両を購入された直後から、ブレーキを踏んだ後にマスターシリンダーの辺りから「キュキュキュキュッ」といった音が聞こえていました。
この車両は、一般的なガソリンエンジン車に採用されている真空倍力装置(いわゆるマスターバック)ではなく、電気式のブレーキブースターが採用されています。
そのため、ブレーキを使用してアキュームレーター内の油圧が低下した後に、アキュームレーター内にフルードを送り込む際のポンプの作動音であると思われます。
ブレーキの制動力自体には問題ないし、警告灯が点灯するわけでもないので、しばらく様子を見ましょうということで乗られていました。
しかし、どんどんと音が大きくなって、道行く人が振り返るほどになってしまったので、いよいよ何とかしなければということでご入庫いただきました。

ブレーキブースター
マスターシリンダAssy(アキュームレーターポンプ付き)

このマスターシリンダーAssyですが、アキュームレーターポンプだけでも新品だとかなり高額となるため、お客様のご要望で程度の良い中古パーツと交換することとなりました。

手配した中古パーツ
見つかった中古パーツ

わりと程度の良い中古パーツが見つかりましたので、交換作業を進めます。

マスターシリンダーAssy取り外し
マスターシリンダーAssy取り外し

取り外したパーツと取り付けるパーツ
取り外した部品(左)と取り付ける中古部品(右)

マスターシリンダーAssy取り付け後
マスターシリンダーAssy交換後

マスターシリンダーAssy交換後は、ブレーキフルードのエア抜き作業を行い、作業完了です。
例の音も出なくなり、快適にお乗りいただけるようになりました。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

ハイエースにLSD取り付け

平成17年式、28.2万km走行のハイエース(KDH200V)。
FRでは雪が降った時に自宅前の坂道を上れなくなってしまうため、リアデフをLSDに変更したいとのご要望です。

ハイエース

純正のLSDは設定がないため、今回はクスコ製の1wayタイプのものを取り付けることとなりました。

デフオイル抜き取り
デフオイル抜き取り

ドラムブレーキ分解
ドラムブレーキ分解

ドライブシャフト抜き取り

ドライブシャフト抜き取り
アクスルシャフト抜き取り

デフオイルを抜いて、ドラムブレーキを分解し、ブレーキフルードパイプやサイドブレーキワイヤーを切り離したら、バックプレートごとアクスルシャフトを抜き取ります。

プロペラシャフト取外し
プロペラシャフト切り離し

バックラッシュ確認
バックラッシュの確認

歯当たり点検
歯当たり点検

デファレンシャルピニオンからプロペラシャフトを切り離して、デファレンシャルキャリアを取り外したら、とりあえず、リングギアとドライブピニオンとのバックラッシュと歯当たりを確認しておきます。
歯当たりは問題なさそうで、バックラッシュは規定値よりも少し大きめでした。

ディファレンシャルケース取外し
ディファレンシャルケース取外し

リングギア組み換え
リングギア組み換え

ベアリングキャップを外し、ディファレンシャルケースを取り外したら、リングギアをLSDの方に組み替えます。
サイドベアリングは新品を使用します。

バックラッシュの調整
バックラッシュの調整

ディファレンシャルキャリアの組み付け
ディファレンシャルキャリア組み付け

完成
作業完了

LSDをディファレンシャルキャリアに組み付けて、バックラッシュの調整と歯当たりの点検を行ったら、新しいガスケットを取り付けて、リアアクスルハウジングにディファレンシャルキャリアを組み付けます。
あとは、プロペラシャフト、アクスルシャフト、ドラムブレーキなどを元通りに組み付けて、最後に専用のデフオイルを注入したら作業完了です。

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。。

ヴェルファイア トルコン太郎でATF交換

平成21年式、8.8万km走行のヴェルファイア(GGH20)。
トルコン太郎でATF交換です。

ヴェルファイア

オーバーフローチューブ
オーバーフローチューブ

ATF抜き取り
ATF抜き取り

まず、ATFのドレンプラグとオーバーフローチューブを取り外して、オイルパン内のATFを抜き取ります。
トヨタの場合、抜き取り用のドレンプラグと量調整用のオーバーフロープラグが別々に設けられている車種と、抜き取りと量調整を同じプラグで行う車種がありますが、この車は後者のタイプです。

オイルパン取外し状態
オイルパン取外し

ストレーナー新旧
ATFストレーナー新旧

オイルパン内のATFを抜き取ったら、オイルパンを取り外して清掃するとともに、ストレーナーを交換します。

ATFクーラーラインにバイパスホースを接続
オイルパン下側からアタッチメントを介して抜けた分のフルードを補充

ATF圧送交換
ATFクーラーラインにバイパスホースを接続してATF圧送交換

オイルパンを元通りに取り付けたら、抜けた分のフルードを補充した後、ATFクーラーラインにバイパスホースを接続して、ATFの圧送交換を行います。

廃油モニター
廃油モニター

新油モニター
新油モニター

クリーナーモニター
クリーナーモニター

今回は、ワコーズATFセーフティスペックを13L使用して交換しました。
交換後のクリーナーモニターのATFは、新油同様の透明度とはいきませんが、最初に抜き取ったATF(ビーカー)と比較するとかなり赤味と透明度が増していることがわかるかと思います。

油温調整
油温調整

オーバーフロー量調整
オーバーフロー量調整

最後に、油温検出モードで油温を調整しながら、オーバーフローチューブから余分なATFを抜き取って量調整します。
抜き取られたATFは、かなり透明度が高いことがわかると思います。

****************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。

ヴェゼルHV 自損事故でフロント周り修理

平成26年式ホンダヴェゼルHV。
自損事故でフロント周りを破損したのですが、車両保険に加入されていないため、自費修理です。

フロント周り損傷状況

電柱のようなものに衝突したらしく、フロントの中央が大きく凹んでいます。

バンパー取り外し状態
フロントバンパー取り外し状態

フロントバンパーを外してみると、バンパービームが押されて、クーラーコンデンサーとラジエターが変形し、さらに、バルクヘッドやサイドフレームも大きく曲がっています。

フロント周り分解
フロント周り分解

修理のため、ボンネット、バンパービーム、クーラーコンデンサー、ラジエター、ヘッドライト等を外します。
この後、バルクヘッドやウォッシャータンクも外しましたが、なるべく費用を抑えるため、今回はエンジンは下ろさずに修理します。

サイドフレーム修理
サイドフレームの修理

大きく曲がったサイドフレームは引っ張っただけではなかなか元に戻らないため、ガスで炙りながら形を戻しました。

センター出し
バルクヘッドを仮付けしてセンター出し

再度フレームのおおよその修正が終わったら、バルクヘッドパネルを仮付けして、レーザー光で確認しながら正確にセンター出しを行います。
このセンター出しをちゃんと行っておかないと、ヘッドライトやバンパーがキレイに取り付け出来ません。

サイドフレーム
サイドフレーム

右フロントフェンダー
右フロントフェンダー

フロントバルクヘッド
フロントバルクヘッド

フロントバンパービーム
フロントバンパービーム

ボンネットフード
ボンネットフード

センター出し、フィッティング作業が完了したら、仮付けしたパーツを取り外し、それぞれのパーツを塗装します。

破損したカプラー
破損したカプラー

カプラーキット
交換用のカプラーキット

水温センサーに接続するカプラーが破損していましたが、メーカーから交換部品として供給されるのはワイヤーハーネス一体のもので、3万円以上と高額です。
今回は自費修理のため費用をできるだけ抑えたかったので、同型のカプラーキットを探して、カプラー部分だけを交換したことで、部品代は数百円で済みました。

各部品の取り付け
各部品の取り付け

塗装が終わったら、各部品を取り付けます。
破損したラジエター、クーラーコンデンサーは社外新品に交換、ファンシュラウドやファンは破損していましたが、ファンモーターは再利用しました。
左右のヘッドライトも取り付けステー等が破損していましたが、部品が高額であるため、修理して再利用しました。
ラジエターとクーラーコンデンサーを取り付けた後は、冷却水の補充、エア抜き、冷却系統の真空引きを行います。

コンプレッサーオイル
コンプレッサーオイル

事故の際にコンデンサーが破損し、冷媒ガスと一緒にコンプレッサーオイルも多量に漏れ出ていたので、ガス補充時にコンプレッサーオイルも補充しました。
この車両はハイブリッド車で、電動コンプレッサーが採用されているため、従来のオイルとは異なる絶縁オイルを使用する必要があります。
従来のオイルと混じることがないように、ゲージマニホールドも専用のものを使います。

エラーコードの消去
エラーコードの消去と再診断

事故時に多数のエラーコードを拾っていたので、一度、エラーコードを消去した後、再度、自己診断を行いましたが、エラーがすべて解消されていることを確認しました。

完成
完成

*******************************************************
壬生町、宇都宮市の車検、鈑金塗装は、ぜひ当店で!
※Tポイント 使えます!貯まります!
※各種クレジットカード、整備ローンもご利用可能です。